立派な社会人を育てる

さいたま市立浦和中学校・高等学校 校長     吉野 浩一

 

 さいたま市立浦和中学校は、県内屈指の伝統ある進学校「さいたま市立浦和高等学校」(昭和十五年創設)を併設型中高一貫校とするため、平成十九年に開設された、さいたま市が誇る中学校であり、毎年、着実な成果を上げております。

 私は、学校教育の役割を「立派な社会人を育てる」ことだと思っています。入学した生徒を「社会で活躍できる立派な人に育てる」ことはもちろんのこと、これからの社会を輝かしいものにする「立派な社会を創っていく人を育てる」ことが、私たち教職員の使命であると考えています。

 また、子どもたちが社会の担い手となったとき、未知の課題や正解がない、答えがあっても一つとは限らない問いに、何らかの答えを出し続けなければなりません。生徒一人ひとりが自分の使命を自覚し、さまざまな課題の解決に向かい、決断し実行していく力をしっかりと身につけてほしい、仲間とともに知恵を出し合い、協働しながら挑戦していく力を身につけてほしい、そのためには「知・学・考・行」を意識し、充実した毎日を積み重ねてほしいと願っています。 

 そして、楽しい中にも厳しさをもつ本校の授業や部活動、学校行事を通して、やさしい先輩や同級生と手を携え、自分の個性を伸ばし、興味関心を高めながら、すべての生徒が市立浦和の生徒としての誇りと自信を持ち、現在の自分を磨き、輝く未来に向かって、決してあきらめることなく頑張り続けてほしいと期待しています。

 

市立浦和「目指す学校像」

 浦和中学校の教育目標「高い知性と豊かな感性・表現力を備えた国際社会に貢献できる生徒の育成」と浦和高等学校の教育目標「高い知性と豊かな人間性・社会性を兼ね備え、国際社会に貢献する高い志を持った人材を育成する」を相互に連携・充実・発展させ、中高の教職員が一体となって、教育活動に取り組んでまいります。 

 

市立浦和「学校経営方針」

 「目指す学校像」を実現するため、以下の6点を学校経営方針とし、教育活動に取り組んでまいります。保護者の皆様、卒業生をはじめとする本校関係者の皆様、近隣にお住いの方々をはじめとする地域の皆様、ご理解とご協力をお願い申し上げます。

 

市立浦和「校長が期待する行動指針」

 校長として、以下の3つの行動指針を市立浦和の生徒に期待します。